真似とマネー

各地で桜が満開になってます。空を翔たくなるような時季ですね!
春先には「うぐいすの赤ちゃん」らしき、おぼつかない鳴き方も
美しい「うぐいす」の鳴き声になって、さらに春を演出してくれてます。
大人以上に「うまくなったでしょ〜♪」と言っているようです(笑)
ある本を読んでこんなことが書かれていました。
「個性が消えるほど模倣(真似)をすると自然と個性が出てくる。」
なるほどな〜と思います。
どんなことにも「はじめて」があります。
そんなときは、先人のことを「真似・模倣」することが多いです。
赤ちゃんや子供でも、新人でもそうですよね。
言葉でも、スポーツでも、仕事でも、どんなことにも言えることだと思います。
ただし、良くないのはただの「ぱくり(パクリ)」です。
模倣や真似の域を越えて、自分の利益やお金(マネー)だけのために、
アイデアやデザインなどをそのまま使う「盗用」ですね。
これは個性でもアイデンティティでもなんでもありません。
中国にある、ディズニーやドラえもん、ガンダムに似た(?)
キャラクターを寄せ集めたテーマパークはよく報道されていますよね。
あそこまでいくと面白いのかも知れませんが(笑)
創作者にすればおもしろくないですよね。
我々の七宝焼業界でもそういったことがありました。
日本的で古来から描かれている図案なら「伝統的」になるのでしょうが
活躍中の作家さんの作品を模したり、
他の工房の品物で売れているデザインをそのまま作ったり・・・
恥ずかしながら、自分たちに関わる人たちが
そんなことを提案や提示していたこともあります。
判明すればもちろんすぐに却下や取り下げるようにしています。
ま〜この時代の日本では、当たり前のことなんですが(笑)
特にインターネットが普及してから、
著作権などについて取り沙汰されることが多くなっていると思いますが
気をつけないといけないことだと心底感じます。
私たちの品物はオリジナルデザインと自負をしていますが
やはりどこかで影響や刺激を受けたりしていますから
そのつもりはなくとも近いものになることもあるかも知れません。
盗用じゃない?と思われた際はどうぞご指摘ください。
逆に、私たちの品物が盗用されていれば教えてください。
それだけ人気があるんだな〜と気分が上がるかもしれません(笑)
以前、輸出先の韓国の会社(工房)に行った際に、
輸出した商品とは別の
当社の商品のデザインを引用した作品が飾られていたことがあります。
私たちの品物が良いと感じて当社から仕入れていただいた訳で
これについては、嫌な気はしませんでした。
何かの刺激になったんたんだな〜と嬉しくもありました。
日本も先進国といわれる以上は、
そういうことをしない国になっていかなきゃと思います。
何十年か前の日本でも、今の中国(一部の)のように、
そういうことが往々にしてあったこと、していたことを忘れずに、
世界に羽ばたけるような、凜と輝く仕事をしたいと思います。
さて、オリジナルデザインの新商品のご紹介です。
日本的なモチーフとしてよく描かれる「鶴」ですが
我々なりの感性で描きました。「ハート」を込めて制作してます。
モダンフレーム「翔鶴」〜詳細はこちらから

では皆さんも素敵な春を楽しんでください!

投稿者: shonanshippoyaki

伝統工芸の七宝焼きを現代的なスタイルで。 テーブルウェア・アクセサリー・オーナメント カスタムメイド・ワークショップ・イベント たのしく、おもしろく、かわいく、すてきに、きれいな モノ・コトを作り出してゆきたいと思っています。