湘南七宝焼 shonanshippoyaki 美介屋 ロゴ
HOME制作工程・七宝焼きの作り方

銅加工(純銅)

切り出し・素地加工・焼きなまし・槌起・成形・被膜落とし・洗い
切り出し
銅(純銅板)を作品の形状に切り出します。
大きなサイズから、裁断機や金鋏(はさみ)などを使用します。

焼き鈍し
800℃以上の温度で空焼きして柔らかくします。
槌起・成形などがスムーズに行なえます。

たたき出し・打ち出し・鎚起・成形
木槌や木台などを使って作品の形に打ち出します。
木型や金型を使い成形することもあります。

洗い・被膜落とし
銅素地の下擦りや洗浄を行います。
酸ややすりを使用して焼き鈍しで出た酸化皮膜や油分を落とします。
今、このときが宝もん焼
琺瑯〜施釉
素地加工・成形
形状に加工したり
 鈍した銅を成形します。
 木型・木台も使います。
琺瑯〜施釉
切り出し
専用の裁断機や
 金鋏(はさみ)を使います。

被膜落とし
やすりで下擦りしたり
 酸を使って洗います。
琺瑯〜施釉
 焼き鈍し(なまし)
800℃以上で焼き
 柔らかくします。