「コスパ」と「レビュー」と。

11月22日は、いい夫婦の日。定着し始めてますね。
夫婦は英語で「カップル」です。
カップルといえば、いろんなものが「一対」になってますね。

私たちは商売をさせていただいていますから、お客様と一対です。いわばカップルです。
もちろん、材料を仕入れている業者さんともカップルです。

ミクロの世界でいうと、原子も電子と陽子、プラスとマイナス。
宇宙的では、太陽と地球、地球と月・・・話がどっかに行きそうです(笑)

カップルは、バランスが崩れるとカップルでなくなりますよね。
よく言われる「WIN−WIN」な関係が、永く「カップル」でいられて
「幸せ、ハッピー」でありつづける秘訣なのかもしれません。

最近よく「コスパ」という言葉を耳にしますね。というか普通に使われてます。
商品やお店の「レビュー」や評価サイトだけでなく、テレビなどでも当たり前のように。

「コスト&パフォーマンス」ってあまり「WIN−WIN」的じゃないような気がします。
買う側、手に入れる側ばかりの言葉のような気がして、あまり気持ちがよくありません。

我々は「モノ・コト」を作り(創り)提供する立場でもあるので、そう思うのかも知れませんが
立場が変われば当然、買う側・利用させていただく側でもあります。

もちろん、その時、その場所で「得か損か」を考えるのは、人間の常です。
表面的に、刹那的な判断をすることも当然といえば当然、自然なこと。

ただ、なが〜く続けたり、生きて行くには、理性や知恵も必要ですよね。
モノには適正な「原価」があって、それを利用するには、適正な「価格」があって・・・。

なかなか学校では教えてくれない「原価(コスト)」のこと。
実はすごく大切なことなんだな〜と今になってようやく気付きました(笑)
モノやサービスの売り買いだけではなく、社会の成り立ちにも大きく関わるんだと。
だからこそ、表面的な「コスパ」や「レビュー」に振り回されないようにしないとな〜と。

お互いの「ありがとう」や「感謝のこころ」も、プラスの「コスト」になればと、
どうぞ素敵な「いい夫婦(カップル)の日」WEEK&MONTHを!

投稿者: shonanshippoyaki

伝統工芸の七宝焼きを現代的なスタイルで。 テーブルウェア・アクセサリー・オーナメント カスタムメイド・ワークショップ・イベント たのしく、おもしろく、かわいく、すてきに、きれいな モノ・コトを作り出してゆきたいと思っています。