温故知新2008

アメリカの株価が10000ドルをきったり、
つられて日本の株価も10000円を割るのも目前だとか、
世界同時株安になっていたりとのニュースが出ていますね。
私たちも仕事をしていると、景気が悪くなってるなという感覚を持つことが時にあります。
特に、日常品ではない七宝焼を販売していますから、お客様の気持ちも敏感に動きます。
その中でも、我々は工房で制作した品物をできるかぎりお手軽にお求めいただけるように
直販や直販に近い販売方法を取っていることが多いです。
なので、ギフトやお祝い、プレゼントなどの購入の際は、
価格面での迷いはなく変わらずお使いいただけている、と自負しています。
とはいえ、やはり前述したように、こういう時流のときにはご自身の購入を避けようとか
少し予算を減らそうとかいうような気分になりますよね。
それでもいいと感じます。
何でもかんでも景気が良いとか、消費をどんどんすれば景気が良くなるとか、
それはそれで問題もあるよね、と思います。
必要な物だけを購入するのは、生活がつまらないとは思いますので
少しバランスをとりながら、倹約も心がけることも必要だと思います。
昔、「質素倹約文武の奨励」という言葉を社会科、歴史で習いました。
たしか、江戸時代の八代将軍の徳川吉宗だったと記憶していますが、
景気が悪い時代に取った政策だったと思います。
質素に倹約しながら、勉強や鍛錬にいそしむことを奨励するものだと理解しています。
現代版「質素倹約文武の奨励」をしたらいいんじゃないかなとも感じますね。
倹約していたら、景気が良くならないという意見もあるかもしれませんが
必要な(必要にちかい)ものを購入することはなくならないし、
勉強や鍛錬することに、教材や関連のものは購入もしますしね。
その周辺の商材もたくさん売れるんではないでしょうか。
DSやPSでも教材はたくさんありますし、もっと出るんではないかなと思います。
当然、勉強や鍛錬することは悪いことではないし、将来への投資です。
私たちも、伝統工芸を生業にしていますが、古いものを新しいものに生まれ変わらせています。
このときに、昔のことを勉強したり研究したりすることは必要ですし
新しい技術や考え方を習得するにも勉強・研究が必要です。
そうするうちに、本当に必要な(必要に近い)こと、ものが残ってゆくように感じます。
今の時代だからこそできる温故知新・質素倹約文武の奨励でゆこうかな、と、
こんなときだからこそ、落ち着いて冷静に良い仕事をしてゆこうと思っています。
今日は、まじめに書いてしまいましたが、
秋〜冬にむけて、ちょっとお得なイベント告知もしたいと思っておりますのでお楽しみに!

投稿者: shonanshippoyaki

伝統工芸の七宝焼きを現代的なスタイルで。 テーブルウェア・アクセサリー・オーナメント カスタムメイド・ワークショップ・イベント たのしく、おもしろく、かわいく、すてきに、きれいな モノ・コトを作り出してゆきたいと思っています。