オーダーメイド・カスタムメイドの「コツ」

東京オリンピック2020の開会式まで2年を切りましたね。
演出を野村萬斎さんが担当されるとのこと、
「狂言」はもちろん日本の伝統芸能だから、
日本らしい演出が見られるんだろうと楽しみです。
でもあまりコテコテ・ジャパンも嫌だし、
バランスが難しそうですね〜
って、七宝焼き屋ごときがエラそうに言うなって(笑)
まったくです(笑)

当工房では、オーダーメイドでのご用命が非常に多くなってます。
以前から婚礼の引き出物などで数量の多い
オーダーメイドのご注文は多かったのですが
近頃は1個〜10個程のオーダーメイドのご要望も多いです。

表札や看板などは1点のみの制作は当たり前でしょうが、
記念品や贈り物など、その機会だからこそのご要望が多いです。
そんな時に当工房にご用命いただけるのは大変な光栄です。

ただ、せっかくの機会だからこそ、
オーダーメイド・カスタムメイドの「コツ」を
大切していただければな〜と思うこともしばしばです。

よくある困るケースは・・・
「なにができるの?」という大雑把すぎる質問・・・
「七宝焼き」ですが・・・と答えたいのを抑えて・・・
こんなアイテムが〜、こんな技法で〜を精一杯にご説明。

そのあと「どういうものがご要望ですか?」と伺っても・・・
これもいいし、あれもいいし、これとあれとを合わせて・・・って
要は「何がしたいか」が「明確でない」方。

なのに金額だけはしっかり聞きたい(笑)・・・わかりますケド
内容がわからないのに金額は出せません。
でもこちらから予算を聞くとこれまた大雑把だったり・・・(笑)

何が作りたいのか、何に使うのか、いつまでに欲しいのか、
いくらまでの予算なのか、いくつ必要なのか、
これらは当然のことなんですが、
「一番大切にしているコト」を教えていただくことが
「一番のコツ」だと思います。

図案でいえば「一番の中心となるモノやコト」や
目的でいえば「一番の軸になるコト」をお教えいただくと
非常にスムーズに進みます。

逆にそれができているお客様のオーダーメイドは非常にスムーズです。
かつ「一番欲しているコト」がわかってらっしゃるから
「満足度」が非常に高いです。

せっかく、お客様の大切な時間と予算を使うのですから
「満足度・幸福度」をできる限り高いモノをご提供したいです。

ある意味「人生」も究極のオーダーメイドかもしれませんね。
自分自身の「一番の望み」をしっかりと見つけることが
満足度・幸福度を高めるためにも、いいのかも知れませんね!

新アイテム〜名前やロゴをカスタムメイドで入れることができます。
形は、茅ヶ崎のローカル&ラブリーな烏帽子岩ですが
みなさんの街やグループのローカル&ラブリーなモチーフを
作れるかもしれませんので、ご要望があればお気軽に!
その際はもちろん「一番のご要望」をお知らせくださいね!

投稿者: shonanshippoyaki

伝統工芸の七宝焼きを現代的なスタイルで。 テーブルウェア・アクセサリー・オーナメント カスタムメイド・ワークショップ・イベント たのしく、おもしろく、かわいく、すてきに、きれいな モノ・コトを作り出してゆきたいと思っています。