人に歴史あり

新年度も始まりました。
1月も当然に気分が新たになりますが、
4月も春らしい新しい気分になりますね。

4月に誕生日を迎えられ、芸能生活(デビュー)60周年になる、
加山雄三さんを記念したモニュメントを制作させていただきました。
モニュメント制作は、地元茅ヶ崎の「東海岸商店会」さんからのご依頼です。

加山雄三さんが育った土地ということもあって、
茅ヶ崎駅から海岸への道は、「雄三通り」と名付けられています。
その縁もあって、加山雄三さんも今回のモニュメント制作となりました。

私たちも以前この雄三通りのすぐ近くに直販店を営んでいたこともあり
非常に感慨深く、光栄なご依頼でした。

地元で有名なアイスクリーム店のプレンティーズさん本店の向かい側に
設置されています。
お近くにお越しの際は、アイスクリームを片手にご覧になってください(笑)

東海岸商店会、加山雄三さん、関係者の方々が、末長く、
健やかに栄えていかれることを祈念しています。

有名人、著名人だけでなく、人にはそれぞれの歴史がありますね。
山あり、谷あり、波あり、風あり、雨あり、雪あり・・・
いろんなことが「ありあり」の連続ですよね。
そんなこんなで、あっと言う間に「〇〇周年」です。

人の歴史を晴れやかにお祝いできるのは、幸せなことです。
どうぞ、皆様も身近な方々の「歴史」をお祝いして記念の品物を作ってください。
合理的な時代、世の中で、省略されやすくなってきていますが、
実はこういうことに「大きなハッピー」が隠れていますよ。

当工房でできることは、お手伝いさせていただきます。
ぜひどうぞお気軽に!

東海岸商店会・加山雄三さん60周年・モニュメント

あけまして、ありがとう。

新年、あけまして、おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

2020年は、誰もが経験したことのない年でしたね。
私たちも当然に、いろいろな思いや不安な思いがありました。
でも、おかげさまで、なんとか新たな年を迎えることができ、
心の底から、いろいろな方々や時事に、感謝を感じています。

「あけまして、ありがとうございます」です。

さて、2020年は、クラフト系イベントもことごとく中止となり
唯一、秋田のふるさと村でのイベントに参加させていただきました。

そのイベントでのこと、地元で牧場を営まれているご夫婦に、
前年に引き続き、「ミニウォール」をお求めいただきました。
ご夫婦との会話も楽しく、知らない世界を知るのは刺激にもなりますよね。
そこで、翌年への課題をいただきました。

「牛、乳牛」をテーマに、ミニウォールを作って欲しいとのこと。
承知し案を絞り出していましたが、気がつくと2021年は「丑年」
ご要望を聞いた時は、すっかり「干支」のことを忘れていました。
たぶん、いえ、当然にご夫婦は、わかってご要望されたんでしょうね(笑)

いろんな課題をいただくこと、課題にぶつかることは、
新しいことの挑戦したり、変化したりできるいい機会です。
何も問題や不安もないと、それはそれで平和で穏やかで理想ですが、
進歩もないかもしれません。特に私たちのような鈍感なものには(笑)

「いい」程度、「いい」加減の、ちょうどいい「課題」をいただけると
私たちもゆっくりと進歩して行くことができます。
どうぞ、そのあたりの「課題」をいただけますよう祈念しています。
我ながら、なんと都合のよいことでしょうか(笑)

私たちは「七宝焼き」の道で、「望(モー)」を叶えてゆきます。
どうぞ引き続き、ご愛顧、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

みなさまにとっても、「未る来(みるく)」へ繋がる、
素晴らしい年となりますように!

ミニウォールプレート・丑2021

Life is Gradation

青々とした緑の葉が、黄金色や赤紫色に。
1日1日の変化は少しずつなはずなのに、数ヶ月で全く異なる風景です。
風やお日さまも全く異なります。
当たり前だけど、ゆっくり眺めてみると、同じ表情なんてないですね。
今まで気がつかなかったことに気がつく、そんな年でもありました。

良いことも、悪いことも、嬉しいことも、悲しいことも、
突然に訪れるようで、実は徐々に変化しながら、そこにあって
気がついたとき、突然に訪れたように感じているだけかも知れません。

夢中になったり、集中したり、そんな時も大切ですが、
ほっと一息、ぼーっと二息、そんな時もとっても大切ですね。

自身の周りにある、徐々に変化する色を見つけてみてください。
意外な組み合わせ、グラデーションが見つかるかも知れません。

神奈川県の「みんなの感謝お届け事業」として
医療・福祉従事者の方々に、感謝と労いの気持ちを伝える品として
当工房の品物も選んでいただいています。

「彩かすみ〜Life is Gradation」シリーズのヘアゴム。
ブックバンド、バッグチャーム、アームバンドにも使っていただけます。
身につけて、お守りがわりに使っていただければと思います。

素敵なグラデーション、「彩かすみ」を見つけてみてください!
朝晩の少し白い息に冬の近づきを感じますね。どうぞご自愛を!

Life is Gradation, 彩かすみシリーズ ヘアゴム・チャーム

「頑張る〜ガンバル」こと。

お盆が過ぎると、どんどん秋めいてくるはずですが、
昨今の暑さは、ナカナカしぶとく、激しいですね〜
頑張っても乗り切れない暑さです。
炎天下でガンバッちゃ〜危険です。

よく「がんばろう〇〇」とか見かけたり、
気軽に「頑張って!」と声かけを耳にしますね。

小さい頃から、この「頑張る、ガンバル」という言葉は、
何千回、何万回も聞いているような気がします。
ある意味、挨拶のような言葉ですね(笑)

ですが、むやみやたらに使うのもどうかと感じることも多い。
頑張ってどうしようもない暑さもそのひとつですが、
コロナ禍のようなどうしようもない状況に
「ガンバレ!」っていわれても・・・

その言葉を発する方は、そんな深い意味はないのでしょうが、
受け取る方の状況によっては、
「シンドイナ〜ガンバッテルケドナ〜」となることもあるでしょう。

「ガンバル、頑張る」のは、ある意味、基本でしょう。
それぞれにみんな、一生懸命に取り組んだり、
考えたり、悩んだり、工夫したりと。
言われなくとも、それぞれ「ガンバッテ」いるはずですよね!

大切なのは「具体的」に「どのように、どうやって」なんですよね。
それは、条件や状態、状況が「人それぞれに」異なるから、
簡単なひとことでは突破できない、進めないこともありますよね。

そういうことに想いを寄せずに
誰でも彼でも一緒くたに「がんばろう!頑張れ!」となると
極論、75年前の戦争のようになるんじゃないのかな〜とも思います。

個々に丁寧に手を掛けたり想いを寄せることは本当に大変です。
でも大変なことだからこそ、本当に大切なものになるんだと思います。

誰かを咲かせようとすれば、自身も咲う(笑う)ことがでるはず。
一笑懸命にそんな想いで、まだ暑い晩夏&秋を迎えたい。
みなさんもどうぞ素敵な晩夏をお過ごしくださいね!

ミニウォールプレート

お守り〜何を守る?

4月からの緊急事態宣言が、ここ神奈川でも解除されました。
少しホッとしたような感もありますが、まだまだこれからが大切ですね。

当店でも、工房店での店内販売や営業は中止していましたが、今後は、工房店へお越しいただき、ご利用いただく際は、すべての方々に「ご予約を頂いてご来店」という形でのスタートです。

マスク着用はもちろん、手指アルコール除菌をいただいてからのご入店など、ご予約以外にも、いろいろとご不便をおかけすることになりますが、ご理解、ご容赦いただければ幸いです。

歴史的にみても、感染症、疫病は、人間とは切っても切り離せないもの、世界中のどこでも同じです。

現在のように医療や科学が発達していない時代は、目に見えない菌やウイルスは、魔物や悪霊のようだったことでしょうね。

何かにすがり念じたり、アマビエのような存在に頼ったりと、現代の私たちよりも、不安で仕方がなかったと思います。

日本古来の「勾玉(まがたま)」も、魔除けや邪気祓い、災難や悪霊から身を護れるお守りとして、代表的なものですね。

ずいぶんと医療・科学が進んだ現在でも、不安や心配が多いです。
特に、まだまだ解明されない未知のウイルスですから、昔も今もそう変わりないのかも知れませんね。

この数ヶ月は、ステイホームや自粛で、今までのように、仕事や勉強、生活をすることができなかった方も多いと思いますが、今まで感じることができなかったことを「感じ、思う」ことができた、そんなときではなかったでしょうか。

私たちにとっては、コロナ前の「なんでもないコトが幸せだったんだ」と、改めて気づいた時間、期間でもありました。

「このときの想い」を忘れずに、今後も未来へ向かって進んで行こうと、そんなことも感じ、考えることも「新たな生活様式」なのかな〜と、思いながらのリスタートです。
健康で元気で、1日1日を大切に過ごしましょうね!

以前にもこのブログで書きましたが、
「お守り」というのは、「自分の考えや思ったこと、こうなりたいと願ったこと」、そんな自分自身への「約束」を「守る」ものだと、偉いお坊さんが言っておられました。

そんな想いを形にした、当店オリジナル勾玉「チガタマ(CHIGATAMA)」を、湘南、神奈川の当工房にお越しの際には、ご覧になってください。
何気ない幸せな毎日となりますように!

チガタマ〜茅ヶ崎の勾玉

笑ってゲキタイ。

新型コロナウイルスで大変なことになってますね。

皆さんもいろいろ対策されていると思いますが、
「笑って」免疫アップで「ニコニコ」攻撃。
もしものときでも大丈夫!くらいの気持ちで、
ストレス溜めずに、たっぷり休息。
免疫力を高めておいてくださいね。

手洗い、うがい、マスク、その他いろいろ、対策・対応が大変ですが、
ネガティブなことももポジティブにチェンジして
みんなでいい春をウェルカムしたいですね。

ミニウォール〜まねきねこシリーズ

地球を“すくう”スプーン

やることが多くて暑い熱い夏も過ぎてしまいました。
その間の8月、9月もいろいろありました。

台風15号では千葉県の停電もあって大変でしたね。
ここ裏茅ヶ崎(茅ヶ崎の山の方)でも数時間の停電があり
千葉県には比べ物になりませんが、少しとはいえ不便を感じました。
対策しておかないとな〜とこういう時はホント〜に感じます。

気候変動、温暖化・・・と叫ばれていますね。
マイクロプラスティックの問題もあったり・・・
環境のことは、もっと身近に考えないといけないんでしょうね。
ついつい目の前のことにとらわれがち・・・自戒です(苦笑)

当工房でも、マイクロプラスティック対策になるかな?的
純銅ホーロースプーンを制作&販売。
熱伝導のよい、純銅を素地にしたホーロースプーンです。

硬いアイススクリームを食べるのに最適です!
プラスプーンをやめて、マイスプーンにすれば、
アイスを“すくって”、地球を“救える”はず(笑)

環境問題も、楽しく、面白く、“セクシー”に対策すれば
気軽に身近にできるんじゃないかな〜と私たちも思います。

秋のアイスも美味しいです。
ぜひ、純銅ホーロースプーンで、地球を“すくって”ください!

純銅ホーロースプーン

わらいのはな

長めの梅雨もようやくお終い・・・と思いきや台風が!
そんな「なつ2019」ですね!

ジャニーズ事務所のことだったり
京都アニメーションの悲しい事件が起こったり
吉本興業のことで大騒ぎだったり
エンターテイメント系のニュースがたくさん。

私たちも、みなさんに楽しんでもらったり、
喜んでいただいたり・・・そんな意味では同じ業界だと自認(笑)
以前からも書いたり言ったりしてますが
「エンターテイメントな七宝焼き屋」を目指してます。

イイところだけを取り入れて栄養にして、
可愛く大きな花を咲かせていきたいですね!

夏本番!
「笑顔の花」や「ワハワハ笑える花」が咲く、
素敵な夏にしましょ〜ね!

ミニウォール〜はな〜

HappyなOne

今年も雨の季節になりました。
梅雨に入った途端に、大雨だったり、梅雨寒だったり、
梅雨の表情も、毎年異なりますね。

よくこれだけ「水」が空から降るもんだと、
自然の力を感じながら「灰色の空」を眺めたり、
子供のように、大きな水たまりを長靴で進んでみたりと、
楽しめる範囲であればいいですが、
警戒が出たり、災害になるレベルはやめてほしいですねェ。

この5月に箸置きの新デザインが登場しました。
その名も「H2O(エイチツーオー)」
学校ではじめに習う「水」の化学式ですね。
その化学式、分子モデルをモチーフに制作しました。

箸置き〜H2O
箸置き〜H2O〜重ねると雪の結晶に。

シンプルな白いベースに、ポコポコ&カラフルな可愛いアイテムです。
「H2O」、水が重なると「雪の結晶」のようになります。

夏も冬も、どんな季節でもシンプルにテーブルを彩ってくれます。
雨や雪でも、ちょっとハッピーな気分になれるかも。
イベントではすでに登場してとても人気です。

これからジメジメした空気にもなってくるでしょうが、
湿気の中にもこんなカワイイ「H2O」がいっぱいと考えれば、
少しは気分も晴れるかもしれませんよ!

6月後半は、新潟、秋田のイベントに出かけます。
この季節、もちろん本当の雪はありませんが、
七宝焼きの「雪の結晶」を見つけに来てください!

笑えることは〜

春分の日、お彼岸も過ぎました。
「おはぎ」も食べてちょっと季節を感じました(笑)
気温も上がってきていますし、春の花も咲いていますし、
ウグイスのまだ慣れない鳴き声も聞こえてきますので
おはぎを食べなくても「春らしい」時季を感じます。

春休みを前に、各地でいろんなイベントなどが行われてますね。
横浜でも「うんこミュージアム」という「笑撃」の催し、場所があると。
テレビで取り上げられて、多くの方が行っているようです。

教材でも「うんこ」をテーマにしたものがヒットしていたり
ずいぶん前になりますが、金運があがるという
「金のうんこ」オブジェがありました。
素直に面白い、楽しいもの、笑えることはいいです!

私たちは「伝統工芸」とか「フォーマルな場面で」とか
真面目な面や、そういう機会も多いので、ある意味非常に羨ましい(笑)
私たちももっと「変な」七宝焼屋になって行こうかな〜と。

春はイベントの出店も多くなります。
どうぞ「変な七宝焼屋」を見かけたらぜひお声をお掛けくださいね!

Be Unique、不二であれ〜

今年も1ヶ月がスゴいスピードで過ぎてゆきました(笑)
大坂なおみ選手のサーブくらい速かった・・・
全豪オープン優勝、素晴らしい!
もちろん、全米オープンも素晴らしかったですが、
4大大会を連続で優勝するなんて、ある意味“日本人”らしくないです。
華やか過ぎます(笑)

ニュースなどでも“日本人、日本勢”とかって言葉が多く使われましたが
そんな区切り、区別は、いらないな〜と感じます。
見た目にも褐色の肌、話す言葉も英語のほうが断然に流暢、
体型、表情、全てにおいて、標準的な“日本人”とは異なります。

だからこそ、いいんです!と思います。
「Unique、唯一、無二」であって、真似をしようにもできません。
だから、日本勢とか、そんな言葉も必要ないように感じます。
いうならば、ニュータイプです・・・私、ガンダム世代です(笑)

アジア系だとか、アフリカ系だとか、アングロサクソン系だとか、
そんなのカンケ〜ネエ時代なんだと、心底感じました。
私も、もう少し遅く生まれていればな〜(笑)

「どんなことにも“遅い”ということはない」と
どこの誰かは忘れましたが、偉い人が言っていたような。
日本製だとか、日本人が作るからとか、関係なく、
いいモノ、いいコトを産み出して、「不二、無二」の存在になれるよう
21歳の大坂なおみさんに刺激を受けながら
倍以上のオッサン、オバハンたちも成長して行きたいですね(笑)

ミニウォールスタンド〜不二になれ、不二であれ

猪突に。

今日は冬至、1年で一番夜が長い日とのこと。
まん丸の月がとても綺麗な夜空でした。

これから夏至に向けどんどん昼が長くなるんでしょうけど、
寒さはこれからが本番ですね。

一番寒いのが冬至の日になりそうですが、
地球規模で冬の空気が少し遅れてやってくるんでしょうか。

どんなことでも時間がかかります。
今日やったから結果がすぐに出ることはありません。
学生時代に親や先生にさんざん言われてきたような(笑)

表面的なことばかりで判断したり結論を出しちゃ〜ダメです。
七宝焼きでもそう。
「あ〜、銅板に色のガラスのような砂をのせて焼くやつね〜」
なんて、簡単に薄っぺらいことを言う方。全然ダメです。
ちょっとグチです(笑)

いろんな行程があって、モノやコトが出来上がってます。
見えてる部分は、ごくごく一部。
薄っぺらい、表面的なことをおっしゃる方が多いような気がします。
言葉が軽いというか。情報過多なんでしょうか?時代でしょうか?
60代以上と思われる方々にも多いような気もするので
時代のせいでもないようにも思います。
グチはここまで(笑)

間もなく、平成最後の年末年始です。
私たちは、来る年も「猪突」に「七宝焼道」に勤しんで邁進です。
七宝焼きを知らない方々にも楽しんでいただけるように
尽力してゆきたいと思います。
皆様もすてきなクリスマス&年末年始をお過ごし下さい!

パンとピザ。

秋も深まってますね。暖かい食事に幸せを感じる季節になってます。
それでも季節が進み、慣れてくると・・・
「またお鍋〜?」なんて言葉が出ることもありますねぇ〜
なんと贅沢で欲張りなんでしょうね!
「にんげんだもの」ですませちゃいましょうか(笑)

飽食の時代と言われて久しいですが、
「食」だけでなく「モノ」や「コト」も「飽」の時代です。
どこでも「モノ」も「コト」もいっぱい。

人が幸せに生きるために「モノ・コト」があるのに
いっぱいイッパイの「モノ・コト」に振り回されているように感じることも。

イタリアの食事情の記事がありました。
食品ロスに関する記事でしたが、日本との文化の違いもわかる記事でした。
テレビや雑誌でも「スローフード」という言葉を目にしたことがあると思います。

「食事を家族や友人たちとゆっくり楽しむ」ことが、
大きな幸せという価値観なんだと、大まかに言ってそんな理解でしょうか。

翻って日本では「高級食パン」が人気だとか売れているだとか・・・
流行に乗って廃棄するほど作りすぎなきゃいいけど、と余計な心配(笑)

日本もイタリアも、その他の国や地域も、
それぞれいい部分や、逆に良くない部分もあるので一概には言えませんが
イタリアのそういう部分はとても素敵なことだと感じます。

何のために「それ」をするのか。
何のために「それ」があるのか。
常に考えて感じていないと、激流に流されてしまいそうなほど
いろいろな「モノ・コト」が溢れている今だからこそ、
ゆっくりと「自分の時間」をかけて「吟味」しながら
「モノ・コト」を楽しんで行きたい、楽しんでいただけるようにしたいなと。

箸置きは使いますか?使っていない方も多いですよね?
ゆっくりと食事ができる「ツール、きっかけ」でもあります。

箸置き「パン・ピザ」で楽しい食卓に!
もちろん、これは食べれませんよ(笑)