ふみの日〜絵や字で伝える。

7月23日は「ふみの日」ということ。
自筆の手紙やはがきで、
親しい人に近況を伝えたりすることが少なくなってきていますね。
メールやSNSがあるからわざわざ・・・って感じですよね(笑)
そんな近ごろだからこそ、
自筆で手紙や文章を書くことが見直されてきているようですね。
手紙や文章、文字は人柄がでますし、何となくのニュアンスも伝わりやすい。
デジタル全盛の時代だからこそ、なんか心地よいと感じることも多いです。
私たちも「完全に」アナログ「手仕事」な仕事なので、
良い部分をたくさん知っているつもりです。
もちろん、パソコンやスマホなどのデジタル機器も使いますが
作品、商品の制作は、完全に「旧式」です。
当店、当工房でも、制作体験で「絵や文字」を描いていただいてます。
お子さんたちはもちろん、
大人の方々が「おもしろい!」と感じていただける理由は
そういうことだろうと思っています。
紙と鉛筆や筆、紙と絵の具でも、それは充分に楽しいと思いますが、
のちのち、長い時間残せる「七宝焼」で描く、書くこともおススメします。
もちろん七宝焼屋だからこそ言うところもあるのですが、
素材、材料が使ったことのないものですし、
自信をもって「楽しい」夏の想い出づくりになるとおススメできます。
ぜひ「未来の自分への手紙」のような作品や、
「大切な方への手紙」のような作品を作り、描きに来てください!
最後にちょっと商品宣伝を(笑)!
「絵」や「字」で「目」を「留」める
「絵字目留(えなめる)」タックブローチも新発売しました!
では、彩りと輝きがたくさんの夏を!

投稿者: shonanshippoyaki

伝統工芸の七宝焼きを現代的なスタイルで。 テーブルウェア・アクセサリー・オーナメント カスタムメイド・ワークショップ・イベント たのしく、おもしろく、かわいく、すてきに、きれいな モノ・コトを作り出してゆきたいと思っています。