ありがとう平成。令和へ〜

平成も終わり、令和となりました。
ただ元号が変わるだけのような気もしますが、
こういうきっかけがあると、
色々なことを考えたり感じたり、感慨深いものがあります。

年が変わるだけでもそうですから、30年ぶりですからなおさらですね!
私たちは昭和生まれ、平成に育ち、さてこれから〜
またさらに大きな花を咲かせていきたいと思います。

ウェブページでもお知らせしていますが、
神奈川県の「かながわ名産100選」にも選定いただいています。

神奈川土産、海外土産、湘南みやげの機会にも、
さらに素晴らしい品物、サービスを提供できるよう、
尽力して行きたいと感じています。

では、どうぞ皆さまにとっても、
「麗らかで、艶めき、煌めく」時になりますように

箸置き〜令和梅

笑えることは〜

春分の日、お彼岸も過ぎました。
「おはぎ」も食べてちょっと季節を感じました(笑)
気温も上がってきていますし、春の花も咲いていますし、
ウグイスのまだ慣れない鳴き声も聞こえてきますので
おはぎを食べなくても「春らしい」時季を感じます。

春休みを前に、各地でいろんなイベントなどが行われてますね。
横浜でも「うんこミュージアム」という「笑撃」の催し、場所があると。
テレビで取り上げられて、多くの方が行っているようです。

教材でも「うんこ」をテーマにしたものがヒットしていたり
ずいぶん前になりますが、金運があがるという
「金のうんこ」オブジェがありました。
素直に面白い、楽しいもの、笑えることはいいです!

私たちは「伝統工芸」とか「フォーマルな場面で」とか
真面目な面や、そういう機会も多いので、ある意味非常に羨ましい(笑)
私たちももっと「変な」七宝焼屋になって行こうかな〜と。

春はイベントの出店も多くなります。
どうぞ「変な七宝焼屋」を見かけたらぜひお声をお掛けくださいね!

大海原へ〜!

2018年秋もどんどん深まってます。
今年は台風の塩害で少し紅葉の色も違うように見えます。
同じようでも、毎年異なる表情です。

あるショッピングセンター的なところに、
5年ほど当店の商品の販売をしていただいておりました。
この秋、撤収することとなりましたが、
売り場マネージャーさん、スタッフの皆さんには
とてもお世話になり感謝いっぱいです。

残念ながら、撤収のきっかけは「万引き」です。
映画で「万引き家族」が話題ですが、身の回りでは起きて欲しくないですね。
時々はあったんですが、ここ最近、非常に多くて苦慮していました。
もちろん、売り場のスタッフの方にも留意いただいていましたが
結果的には残念にも万引きに負けたような気分もあります。

ですが、悪いことばかりではありません。
撤収の翌日に、その売り場でよくお買い求めいただいていたお客様が、
当工房店へ直接お越しいただきました。
「前日まで売り場があったけど、なくなっていて・・・」と。
素敵なカップルがお越しになられ、楽しいお話もでき、
残念なあとからの、嬉しい楽しい時間で、気分のV字回復です(笑)

仕事をさせていただいているといろんなことがあります。
何かあっても、前向きに、次につながるように変わっていけば
また何か「いいこと」があるんだろうと思います。

さて、深まる秋〜来る冬に向け、どんな「大海原」へこぎ出しましょうか!

みなさんも素敵な秋の「Voyage」をお過ごし下さい!

暑い夏と熱い想いと。

早い梅雨明けで夏本番到来の喜びもつかの間。
西日本豪雨災害で亡くなられた方々のご冥福と
大変な想いをされておられる方々に心からのお見舞いを申し上げます。
今すぐに直接に我々ができることは殆どないのですが、
時間が経っても忘れることのないよう何かの支援を行いたいと思います。
大きな災害が毎年のようにどこかで起こっており、
そういった教訓もしっかりと活かして
自分たちもいろいろな準備をしておかないとと毎度感じます。
暑い暑い夏の日が続いていますが、熱い想いを持ち続け、
何かの役に立てるように尽力してゆきたいと改めて想う夏の日です。
どうぞ皆様もご自愛になり素敵な時季をお過ごし下さい!

Let’ Fly!!

2018年も2週間が経ちますね。
大相撲の行司や、成人式の晴れ着のニュースもあったり、
どちらも「日本の伝統」にまつわる事ですね。
日本はどこに向かっているのでしょう〜
とエラそうに言ってみました(笑)

さて、酉年も終わりましたが、
今年はどこに向かって飛んで行きましょうか。
鶴が大空を羽ばたくように
心地よく飛躍できる一年にしたいものです。

奈良の薬師寺さんへ年始に行きました。
「お守り」は、自分自身で「こうしよう、ああなろう」と思った
「約束」を「守る」ためのものだと、
お坊さんが言っておられました。
なるほど〜と私を含め、みなさん納得の表情です。

いろいろな挑戦、チャレンジをしながら
いい「仕事」で、ご利用いただく皆様にためになる
いい「利益(りやく)」が提供できるよう尽力してゆきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

宝箱「金地双鶴」

オンリー「ワン」で「ワン」ダフルな年に。

当工房店の営業は、2017年も無事終了。
2018年は1月4日からスタートです。

今年もいろいろありました。
すべてのコトに「想い入れ」があります。
大変な想いやツライコト・・・も、
後々には「いい想い出」に変わることだろうと思います。

出会い、別れ、喜び、悲しみ、楽しみ、苦しみ、笑い・・・
すべてのことに感謝です。

今、このときだけにしか「感じ、味わう」ことができない
コト・モノを産み出して行こうと、気持ちを新たにしています。

どうぞ、みなさまにとっても、
オンリー「ワン」で「ワン」ダフルな
新年2018年でありますように!

「コスパ」と「レビュー」と。

11月22日は、いい夫婦の日。定着し始めてますね。
夫婦は英語で「カップル」です。
カップルといえば、いろんなものが「一対」になってますね。

私たちは商売をさせていただいていますから、お客様と一対です。いわばカップルです。
もちろん、材料を仕入れている業者さんともカップルです。

ミクロの世界でいうと、原子も電子と陽子、プラスとマイナス。
宇宙的では、太陽と地球、地球と月・・・話がどっかに行きそうです(笑)

カップルは、バランスが崩れるとカップルでなくなりますよね。
よく言われる「WIN−WIN」な関係が、永く「カップル」でいられて
「幸せ、ハッピー」でありつづける秘訣なのかもしれません。

最近よく「コスパ」という言葉を耳にしますね。というか普通に使われてます。
商品やお店の「レビュー」や評価サイトだけでなく、テレビなどでも当たり前のように。

「コスト&パフォーマンス」ってあまり「WIN−WIN」的じゃないような気がします。
買う側、手に入れる側ばかりの言葉のような気がして、あまり気持ちがよくありません。

我々は「モノ・コト」を作り(創り)提供する立場でもあるので、そう思うのかも知れませんが
立場が変われば当然、買う側・利用させていただく側でもあります。

もちろん、その時、その場所で「得か損か」を考えるのは、人間の常です。
表面的に、刹那的な判断をすることも当然といえば当然、自然なこと。

ただ、なが〜く続けたり、生きて行くには、理性や知恵も必要ですよね。
モノには適正な「原価」があって、それを利用するには、適正な「価格」があって・・・。

なかなか学校では教えてくれない「原価(コスト)」のこと。
実はすごく大切なことなんだな〜と今になってようやく気付きました(笑)
モノやサービスの売り買いだけではなく、社会の成り立ちにも大きく関わるんだと。
だからこそ、表面的な「コスパ」や「レビュー」に振り回されないようにしないとな〜と。

お互いの「ありがとう」や「感謝のこころ」も、プラスの「コスト」になればと、
どうぞ素敵な「いい夫婦(カップル)の日」WEEK&MONTHを!

「想い出」には「想い入れ」

秋もどんどんと深まってますが、近頃の季節はコロコロと変わり身が激しいですね。
寒くなったと思えば、暑くなり・・・日々の体調を崩さないように心がけないと。

さて、当工房は神奈川、湘南、茅ヶ崎にありますが
茅ヶ崎駅の北口のペデストリアンデッキのモニュメントを制作させていただきました。
茅ヶ崎ロータリークラブさんから茅ヶ崎市への寄贈品です。
市政70周年とホノルル市・郡との姉妹都市3周年を記念したモニュメントです。

デザインされた図案を元に、ご要望のように制作させていただきましたが
この夏から秋口にかけてせっせせっせと制作に勤しみました。
私たちにとっても「思い入れ」のある作品になりました。感謝×感謝でございます。

茅ヶ崎駅にお越しの際は、ぜひご覧になってください。
手描き作品ですので、当工房のワークショップ・絵付け体験でも同じ技法で制作できます。
芸術の秋ですから、ぜひ挑戦して「想い出作品」を作ってください。

「想い出」は、「思い入れ、想い入れ」があればあるほど
いい「想い出」になるんだろうと思います。
「入れるから出る。」単純です。

一生懸命に想いを入れてから、頭の中で熟成され、色彩や風味も足され、
よりその人にとって素敵なものになるんだろうと思います。

どんなトキ、どんなモノ、どんなコトでも、想いを入れて
事にあたれば、キラキラでカラフルな「想い出」になるはずです。
さあ今年も残り3ヶ月弱、皆さんにとってどんな「素敵なコト」があるでしょうか。

茅ヶ崎海岸、湘南海岸の砂を、釉薬に調合して描いたウミガメです。
湘南、茅ヶ崎らしいモノになればと想いを込めて制作しました。

御杯(おっぱい)の日

7月は当ブログ更新ができず、8月1日になりました。
今日、8月1日は「おっぱいの日」ということ。
語呂合わせか、世界母乳の日だからなんでしょうか。

私たちも「御杯(おっぱい)」作りました。
冗談のようですが、真面目です(笑)
もちろん男性は大好きでしょうが、女性にとっても大切なものです。
すべての人が母から生まれ、多くの人が最初に口にする神聖なものですから!

新たな一歩を踏み出す君に
「いっぱい」の幸せが訪れますように「かんぱい!」
そんな願いを込めた「酒杯(しゅはい)」でもあります。

まだまだ暑い夏、気候が激しい夏でもありますが
どうぞ飲みすぎず、飲まれすぎず、素敵な8月をお過ごし下さい!

他者への寛容さが・・・

お彼岸も過ぎ、春も本番へまっしぐら。桜の花も咲き始めているようですね。
「咲きたいエナジー」が「ぱんぱん」なことでしょうね(笑)

つい最近のニュースで、日本の「他者への寛容さ」の指標が低く
幸福度ランキングがあまり高くないというようなことが報道されていました。

納得できるような、また、自身を客観的にみて反省しないと・・・な感じもあり。

どんなことでも、「こうしなきゃ!」や「こうでなきゃ!」的な
自分ワールドが一番、自分の常識が正しい、的なことって、誰しもありがちですよね。
そんなことはないって?・・・それは素晴らしいことですよね。

他者を認め、違うことや異なることを讃え、活用し合うことができれば、
本当に素晴らしい!と思います。それがなかなかできないですねェ。
ついつい自分の意見と違うことなどがでると「批判」しがちになります。

生物学的には、それが正常なのかもしれませんが、
私たちは人間なので「理性や知性」をもってそれを乗り越えたいと思います。
なんだか、大それた話になってしまっていますが(笑)

要は「人と違うことや異なることもいいじゃない!」ですよね〜

伝統工芸の七宝焼きを、伝統的に続けるもよし。
現代的スタイルで全然違うものにして行くもよし。
何か別のものや方法と掛け合わせ、新しいモノ・コトにするもよし。

私たちは七宝焼き屋ですから、七宝焼きで例えましたが、
それぞれの分野、それぞれの立場で、「笑い、笑顔」をたくさん作れればいいですよね。

いろんな花が咲く春本番、素敵な時季をお過ごし下さい!

虹色の翼にのせて。

2016年ももうおしまいです。2017年はどんな年にしましょうか。
酉年だけに飛躍の年に〜なんて言葉も聞きますが・・・
「ニワトリ」だと飛べませんね!
なんてイジワルなことを言うのはナシにしましょう(笑)

さて、当工房は12月31日〜1月4日までお休みです。
私達も少しだけ「羽根を休めます」
新年も引き続き、お引き立て、ご愛顧下さいますよう、よろしくお願いいたします。

2015年から2016年は、それ以前に比べて、イベントに出向くことが多く
箸置きや、アクセサリーなど、ちょっと気軽に使っていただけるアイテムを
よりたくさんお見せしてきました。
2017年もさらにパワーアップ&クオリティーアップしてゆきたいと思います。
どうぞ楽しみになさってください!

それでは、みなさまにとっても、
しあわせたくさんの2017年になりますように!

「クリスマスツリーの日」に想いをよせて。

12月7日はクリスマスツリーの日。
明治時代の横浜で、外国人のために初めて日本国内でクリスマスツリーが飾られた日。
とのことらしいですね。

当工房では、今年はワークショップ・絵付け体験用に
「クリスマスツリーベース」をご用意しました。
先日の茅ヶ崎サザンマルシェで初お目見えしましたが、
この12月は子ども会などでさらにたくさん作られる予定です。

130年前のクリスマスツリーを見た人はどんな感じだったのでしょうね!
そんなイメージをふくらませて〜描いてみました!

「黒須三太(くろすさんた)」〜ジャパニーズ・サンタクロスです。
赤い着物に刀も持ってます。ちょんまげも結ってます。
明治時代だから、「刀」も「ちょっんまげ」も、もうないかっ!(笑)
そこはご愛嬌で!
日本には日本らしいサンタクロースがいてもいいじゃない〜ってことで。

ニュースで、「カジノ法案」が通ったなんてことですが、
日本には日本らしい「カジノ」を作ればいいのに・・・と思います。
なんでもかんでも「マネ」するんじゃなくて、日本らしい「アレンジ」が必要でしょう!

時代劇に出てくる「丁半博打(ちょうはんばくち)」のような感じにして
それ自体を、ジャパニーズ「テーマパーク」にすれば、観光客も楽しいことでしょう〜
世界中さがしても、オリジナル、世界に一つの「カジノ」の誕生でしょ。
そういう感じなら賛成したくなります。

「黒須三太」さんにお願いしてみましょ〜かね(笑)
では「大雪」でもある今日。お体も「大切」に!なんちゃって・・・

紅葉と初雪と。

11月23日勤労感謝の日。
木々も「金老」して「紅葉」がどんどん深まっているなと思っていたら
翌日24日朝からは、季節はずれの結構な「雪」です。

ここ湘南、茅ヶ崎でも大粒の雪が降り、車や木々には積もっています。
季節が「グラデーション」ではなく、急に「線引き」されたような。
そんな景色と気温です。

秋の「紅葉」にちなんで「葉形」のピアスを作りました。
「有線技法」での制作です。

「七宝焼き」を辞書などで調べたときに訳されていることが多い「cloisonné」技法です。
銀線や銅線の「区切り」でデザインや模様をつけて、釉薬で彩色する技法です。

七宝焼きのひとつの技法ですが、
明治時代に日本から海外に輸出されることが多かったこともあり、
日本の七宝焼きの代表的な技法になりました。

「cloisonné」はフランス語で「区切り」をつけるという意味で
「émail(エマイユ)・七宝焼き」のうちのひとつ。

当工房では普段、使うことの少ない技法ですが、
「銀張」技法の作品などと、また違った表情の作品になってます。
少しずつまたお見せして行きたいと思っています。

秋と冬を「線切り、区切り」したような気候ですが
まだまだ、彩り豊かな晩秋も楽しみながら、冬の準備もお忘れなく!